精神科急性期病棟

精神科急性期病棟

3階のぼたん棟

病棟の位置づけ

さまざまな精神疾患の急性症状を改善し、精神的にやすらぎ早期に退院することを目的としています。 入院中は、医師・看護師・精神保健福祉士・臨床心理士が関わり、薬物療法、精神療法および作業療法、音楽療法、園芸療法などのリハビリテーションを提供します。

病棟構造

  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery

定床:50床 閉鎖病棟

主な取り組み

①オリエンテーショングループ

在院日数2週間未満の療養者を対象に、入院初期の不安の軽減を図ります。

②服薬グループ

1ヶ月以上の入院期間を経た療養者を対象に、再発防止や病気の理解、薬の勉強会、服薬の自己管理を行います。

③りっかりっかクラブ

手工芸、音楽鑑賞などを通し、安心して過ごせる場、生活リズムの安定、他者との交流の場などの提供を行います。

④ゆうゆうクラブ

手工芸、絵画、コラージュ、音楽鑑賞その他を通し、自由に過ごせる空間の確保と楽しみを見つけるお手伝いを致します。