和泉会のお知らせ

2016年1月17日(日) ムーチーを作りました



いずみ病院・苑に併設している「てぃんさぐ苑」にて、利用者様らと共にムーチーを作り、健康長寿を祈願しました。

沖縄では、旧暦の12月8日(今年は1月17日)に「ムーチー(月桃の葉に包んで蒸した餅)」を作り、子供は年の数だけ部屋に吊し、その後いただく習慣、行事があります。厄や邪気をはらうことや、家族の健康長寿、五穀豊穣を祈願するため、といわれています。
餅粉を使って作りますが、何も入れないそのままの白い餅や、白砂糖や黒砂糖、紅芋などを混ぜて甘みをつけたものなど様々です。
また、1年中で最も寒い時期にあたるため、この頃の寒さのことを「ムーチービーサ」ともいいます。