和泉会のお知らせ

2016年3月24日(木) 弥生 見歩く会 第135回 沖縄園芸療法研究会



いずみ花ごよみ


北風が身にしみた沖縄も、しだいに気温が上がり、ようやく春らしくなってきました。つい寝過ごしてしまいがちです。鳥のさえずりも心地よく聞こえてきます。まさに、孟浩然の『春暁』の詩にある「春眠暁(あかつき)を覚えず、処処啼鳥を聞く」季節となりました。
いずみの森では、待ちわびていたかのように色彩豊かな花々がいっせいに咲き始めています。
ツツジが満開を迎えるこの時期、沖縄本島北部の東村ではツツジ祭りが開催されます。心を和ませてくれる紅白や桃色の花がとても印象的です。