和泉会のお知らせ

2016年8月25日(木) 葉月 見歩く会 第140回 沖縄園芸療法研究会



いずみ花ごよみ


二十四節気のうち、8月7日は「立秋」、23日は「処暑」を迎えました。処暑は夏の終わり頃とされていますが、全国的にもまだまだ残暑は続きそうです。また、昔から台風がよく到来する頃とされていたそうです。しかし、今年は大変珍しく、台風銀座の沖縄ではなく本土へ、しかも北海道へは2度も上陸しました(観測史上初)。被害を受けた方々の心休まる生活がいち早く取り戻せるように、今月も「いずみの森」から祈りを捧げたいと思います。

さて、写真のクルクマは花ごよみ初登場です。白、淡い紅、黄色が美しく、観る人に癒しを与えてくれます。
7月に登場した島バナナはここまで成長しました。沖縄の旧盆のお供えに欠かせない果物の一つです。
アリアケカズラのアーチは、患者様や職員を強い陽ざしから少しだけ守ってくれます。
夏空に映える紅のブーゲンビレアは、いずみの各施設において壁面緑化として鑑賞できます。